大変な重量のビールを配達に行っていたコンビニのお兄さん

本日、私はコンビニでなかなか過酷な仕事を目撃しました。配達です。
どうも、何か大量の物の配達を依頼されたようなのです。幸い、そのコンビニから近い場所だったらしいのですが。
その配達で物を運ぶ事になったのは、あるお兄さんです。なぜなら、そのコンビニでも腕力がある方だからです。
ところが、私はそのお兄さんが運ぶ事になった荷物を見て仰天をしてしまいました。大量のビールだったのです。
あのビールは間違いなく重量です。腕に対する負担も相当なものだと思います。
とは言え仕事ですので、行かない訳にもいきません。お兄さんは、その重たいビールを持って、どこかに行きました。
そのお兄さんの後ろ姿を、私はコンビニの窓越しに見ていました。あれは、過酷ですね。ものすごく重たいビールを運ばなければならないので、さぞかし大変だっただろうと思います。
私は他人事ながら、そのお兄さんが無事に戻ってこれるか窓の外をしばらく眺め続けてしまいました。ですが結論を申し上げると、無事に戻ってきています。
さぞかし大変だっただろうと思いますね。こうして考えると、コンビニの仕事というのは簡単そうに見える反面意外と大変なのかもしれません。
以上、ちょっとコンビニの苦労を見てしまった私なのでした。