昔の温かみのある原稿用紙をふと回想する

私たちは、昔は学校で原稿用紙という物を用いていたものです。今思い返すと、実に懐かしいですね。
当時は、まだパソコンもありませんでした。そのため文字数を数えるためには原稿用紙を用いるしか方法がなかったのだと思います。
そして、原稿用紙は句読点の打ち方などにも苦労をしましたね。原稿用紙の一番下にて文章が終わる時は、原稿用紙からはみ出して句読点を打たなければならないらしいのです。なかなか細かいルールが色々とあって、閉口した覚えがあります。
そして現在は、私は原稿用紙ではなくパソコンを用いています。その文字数を数えるのも、インターネットでのツールを用いれば簡単に数える事ができるので非常に便利です。
また、私が現在使っているテキストエディタも、文字数を数えやすいものを利用しているのです。昔の原稿用紙の時代に比べると、文字数を数えるのもだいぶ楽になりましたね。
ただ、原稿用紙はどことなく温かみも有ったのも事実です。手書きで文字を書かなければならない苦労などにより、今思い返すと原稿用紙もなかなか懐かしいですね。
もっとも文字を数える手間などを考慮すると、やはり現行のテキストエディタなどを用いる方が圧倒的に便利なのですが。